バルクオムの洗顔料の泡立て方

バルクオムを使ってみてどう?

バルクオムの洗顔料の泡立て方

洗顔料によっては泡立ちの良いタイプとそんなに泡立たないタイプ、弾力のある泡が出るタイプに泡立つけれど弾力は全くないタイプなどそれぞれあります。
しかし最も洗顔に適しているのは、弾力のある泡立ちの優れている洗顔料であると言われています。
泡は洗顔の時に大変重要な役割を持っていて、汚れを吸着させる効果や、手で擦って直接肌に刺激を与える事が無いという効果、広範囲をまんべんなく均一に洗う事ができる効果などがあります。
いずれもただの泡では無く、弾力のあるもっちりとした泡が良いとされています。

バルクオムの洗顔料は、泡立てネットを使う事によって洗顔に適した弾力のあるキメの細かい泡ができるタイプとなっています。
では、上手にバルクオムの洗顔料を泡立てるにはどうしたら良いでしょうか。
バルクオムの洗顔料を上手く泡立てるには、泡立てネットを使う事がおすすめです。
泡立てネットはスターターキットにも付いて来ますが、100円ショップなどでも手軽に購入する事ができます。

先ず、洗面器などに少しぬるま湯を溜めて泡立てネットを入れて取り出し、水分を切ります。
その泡立てネットにバルクオムの洗顔料を適宜付けて、空気を含ませるように丸めて揉みこみます。
付けた洗顔料の量と、最初に泡立てネットに含まれていた水分の量によっても違いは出ますが、かなり早い段階でどんどん泡が出てきます。
完全に泡立った段階で、泡立てネットに付いている泡を手の平に絞り取ります。

泡立てネットの水分と、洗顔料の量によっても泡の固さが変わってきます。
最初のうちは何度か試してみて、自分好みの泡が作れる分量を模索してみる事になりますが、バルクオムの洗顔料は少量でもかなり泡立つので、最初から多くの洗顔料で試すのはおすすめできません。