バルクオムの効果的な使い方

バルクオムを使ってみてどう?

バルクオムの効果的な使い方

肌がカサつき気味になってきたりベタベタするのが気になったりと、以前と違うお肌の変化を感じてきたら、バルクオムのスキンケア用品で毎日のお手入れをすると良いでしょう。
どんな肌質の方にも使用することができ、敏感になってしまった肌を優しくケアしてくれます。

バルクオムは普通に使ってもスキンケアは十分にできますが、特に敏感肌の状態の方にはおすすめの効果的な使い方があります。
ダメージがあり、バリア機能が低下している肌には普通の時よりも少しだけ丁寧なケアの方法をおすすめします。

まず、洗顔剤はできるだけしっかりと泡立てて、顔に付けたら泡を転がすようにして洗いましょう。
顔を手で直接触れて洗うのではなく、弾力のあるたっぷりとした泡で洗うことにより、余計に肌を刺激せず毛穴の奥の汚れや余分な皮脂を取り除くことができます。

化粧水を使う場合、手で直接塗ってもいいのですが意外と塗りムラが出来ていても気が付かない場合や、手のひらに吸い取られてしまう分もあり、余計に化粧水が減っていってしまう恐れもあります。
特に敏感肌のような状態の場合は、良質のコットンを用意してそこにたっぷり含ませて優しく顔全体にパッティングしていくと良いでしょう。

最後に乳液ですが、化粧水を塗った直後の水分が浮いている状態で乳液を塗るのではなく、化粧水がほぼ乾いた時がベストです。
掌に適量を取り、少し温めて肌に塗ったときに乳液がほんのり温かく感じるような状態で塗るのが効果的で、塗る際は強くこすらないようにまんべんなく全ての部分に優しく塗ってあげることがポイントです。